本文へスキップ

そっと寄り添い、優しくサポート  ヒルフェ

成年後見制度




成年後見制度とは?


介護保険制度と同じ時期(平成12年 4月1日)に施行された制度です。今までは、禁治産と準禁治産の2つの種類(類型)がありましたが、いくつかの問題点を見直した新しい制度です。成年後見制度とは、判断能力が不十分な高齢者、知的障がい害者、精神障がい者などの方々を本人の自己決定権を尊重しつつ、財産管理や契約を補助したり代理することにより安心して生活ができるように支援し、権利を守る制度です。

 成年後見制度には、 法定後見制度 (法律による後見制度)と 任意後見制度 (契約による後見制度 )があります。法定後見制度は、判断能力が現在すでに不十分な状態にある人が利用する制度です。判断能力の程度により「 後見 」「 保佐 」「 補助 」の3つの類型に分かれています。一方、任意後見制度は、現在は判断能力が十分な状態の人が利用する制度です。成年後見制度は、身体的能力の程度ではなく判断能力の程度がキーポイントとなります。



   



新しい成年後見制度の理念


高齢社会への対応及び知的障がい者、精神障がい者などの福祉の充実の観点から、成年後見制度は以下のことを基本理念としています。

(1)自己決定の尊重
(2)身上配慮義務
(3)ノーマライゼーション

※ノーマライゼーションとは、障がいのある人も家庭や地域で通常の生活ができるような社会を作るという理念です。



成年後見制度の利用


生活する上で判断能力が低下していると、悪質な業者と不利な契約を締結してしまう危険性、必要なサービスの契約や財産の管理ができなくなる、など権利を守ることができなくなってしまうことがあります。そのようなときには、成年後見制度を利用しましょう。

(成年後見制度を利用する例)

「実家で一人暮らしをしている母が認知症になり、病院の支払いや通帳の管理ができないみたい」
「認知症の父と母の家に高額なふとんや浄水器がたくさんあり、給湯器も交換したばかりなのにまた新しいものに替わっている。でも本人たちは知らないと言っている」
「妹は知的障がいがあり施設で生活している。何十年も自分が面倒をみてきたが、最近自分も年をとり、面倒を見ることができなくなった」
「夫が交通事故で高次脳機能障害と診断されて寝たきりになってしまい、色々な手続きができない」

 →  法定後見制度 を利用

「今は元気で自分のことは何でもできるけど、将来、頼る人がいなくて不安」
「私の子供は精神障がいがあり、家で面倒をみてきたけど、私がいなくなったときが不安」

 →  任意後見制度 を利用



公益社団法人成年後見支援センター ヒルフェ

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町31-14 
岡三桜丘ビル7階

TEL 03-3476-5131
support@hilfe.jp

 【地図】